ソフトウェア開発チームは期限を守らない理由。そして、それは大丈夫である理由

よくあることですが、ソフトウェア開発者は期限の締め切りに間に合いません。非常によくあることです。これは、チームがスコープを処理できないこと、またはプロジェクトマネージャーが見積りが下手であることを意味しますか?そんなことないです。Platinum Software Developmentはポートフォリオに1000以上の満足されたクライアントを抱えるグローバル企業です。高品質ですが、時間にとらわれないソフトウェア配信と期限主導の生産のどちらかを選択できると考えています。最初のオプションは、あなたのゴーへの選択でなければなりません。この記事でその理由を説明します。

締め切りに失敗する理由

  • エンジニアはたくさんのものを用意しなければなりません。

IT部門は日々進歩しています。何百もの専門分野があり、700以上のプログラミング言語、フレームワーク、プラットフォームがあり、様々なタスクに適しています。今日のイノベーションは急速に変化し、「遺産」になり、明日までに亡くなる可能性があります。そのため、開発者、テストエンジニア、ソリューションアーキテクト、およびその他の技術専門家は、絶えず学習し、知識を更新し、能力を向上させ、スキルを磨く必要があります。

その結果、エンジニアの作業時間の最大30%は、コーディング、コードの保守、テストなどの主要なタスクに費やされていません。 テクノロジ、ツール、システムドキュメントの研究に費やされています。

最新のテクノロジーとフレームワークの場合、学習プロセスはそれほど難しくありません。しかし、クライアントが、関連するドキュメントのない、レガシープラットフォームとその15年前のコードで実行されるソリューションを望んでいると想像してください。エンジニアはもっと深く掘り下げて、古いスタックの調査に時間を費やす必要があります。

実際、すべての質問を排除して、起こり得るすべてのエラーや課題を予測するAからZの仕様はありません。プログラミングは創造的なプロセスであり、あらゆるタスクはアートワークが必要です。

  • 多くの未知があります

現代のソフトウェアは単純ではなく、すぐに使えるものでもありません。クライアントには、API、マイクロサービス、様々なプログラミング言語およびフレームワークを備えた複雑で重要なソリューションが必要です。

製品を設計し、特定の時間枠内で展開するには、開発チームは、ビジネスのすべての要件、特殊性、制限を理解し、ソリューションの将来を明確に理解する必要があります。サービスのアップグレード方法とは?ユーザー数は?追加される機能は?これらすべての質問は、開発のキックオフの前、つまり発見段階で回答する必要があります。

深い研究はここで終わりません。ソリューションを実装する前に、プロジェクトチームと関係者は、特定の仮説が正しいこと、およびそれに基づいて構築された製品がビジネス価値をもたらすことを確認する必要があります。したがって、開発者はプロトタイプとテストソリューションを記述して、最適な選択を決定します。プロトタイプが機能し、クライアントが満足した場合、チームはそれをさらに進めることができます。そうでない場合は、サイクルを繰り返す必要があります。

  • これを追加しましょう。そして、これも。

開発チームが最先端のソフトウェアを構築している場合、発見と推定の段階で最終製品のすべての機能をカバーして特定することは困難です。結果として、エンジニアは、積み上げ、その場限りの要求、および範囲外のタスクを扱います。

オンザフライのステージでは、要件は、無視できないビジネス、製品、セキュリティ、または合法性の変化によって決定されます-生産チームはそれらを実装し、アクティビティを再計画し、期限をシフトする必要があります。

  • 私たちは人間です。

配信の成功は、3つのCに基づいています。コミュニケーション、コラボレーション、調整は、人間の包括的な関与なしには不可能です。この調査によると、57%のプロジェクトがコミュニケーションの障害により失敗しています。

開発者は時間通りに要件を与えられていませんでしたか?お客様は、適切な決定を行うための専門知識が不足している新製品のオーナーを雇いましたか?または、主要な利害関係者は、今日の気分が悪いだけですか?このようなことが起こって、必然的に生産性、パフォーマンス、タイムフレームに影響を与えます。

時間を確認しないで、価値を確認したほうがいいです。

実際には、締め切りに間に合い、ロードマップを100%遵守する可能性はほぼゼロです。CyberPunk 2077、Battlefield、Resident Evilなどの世界のトップゲームは、最初のリリース日から大幅に遅れて公開されました。同じようなことは最大なブロックチェーンプロジェクトは同じです。EOS, Tezos, Ethereum 2.0などです。それにもかかわらず、締め切りに失敗しても、これらのプロジェクトの成功は妨げられませんでした。

迅速に構築するのではなく、クライアントに価値をもたらし、ビジネスを拡大する優れた製品を構築する必要があります。それはソフトウェア開発の重要な側面です。

これは、時間を追跡するのではなく、堅牢な機能と品質に焦点を当てた、日付のない価値ベースのアプローチの出番です。

「期限なし」ということで誤解されてはいけません。チームがソリューションを展開するのに何年もかかるとは限りません。それどころか、エンジニアは最終的な発売日ではなく、定期的な定期的な製品の反復に固執する必要があるため、エンジニアにはさらに大きな責任と説明責任があります。アジャイル、スプリント、継続的デリバリー、リリーストレイン–これらはすべて、日付のないアプローチを表しています。

基本的に以下のようです。 

パイロットバージョン 1.0 > …次のバージョン1.1 > …次のバージョン2.0 > 将来のバージョン。

日付のない配信で成功を収めるには、「優先順位付け、計画、同期」の公式を採用することが不可欠です。チームはクライアントと協力して、どのリリースを対象とする機能を定義し、この目標に向けて取り組む必要があります。

期限のない開発はより良いチョイスはなぜですか?クライアントは、ターゲットユーザー(ユーザー、投資家など)へのプレゼンテーション用の基本機能を備えた実用的なパイロットバージョンを比較的迅速に受け取ります。定期的な反復ごとに、製品はさらに進化し、新しい機能と拡張機能を獲得します。さらに、リリーストレインモデルは、チームの過負荷やバーンアウトを引き起こすことなく、重要なアドホック要件にタイムリーかつ迅速に対応するのに役立ちます。

価値ベースのデリバリーを活用する場合、変更が実装されるかどうかについての質問はありません。質問は、いつですか?今回のバージョンか、来月のですか?

顧客を気遣い、彼らがビジネスを加速するのを助けるエンジニアリング会社であるためには、常に量より質を選ぶべきです。機能しない場合に時間どおりに開発されたソフトウェアも、ビジネスの問題点に対処する必要もありません。ソフトウェアを公開する準備ができたときではなく、公開する準備が整ったときにソフトウェアを提供することを約束します。

Related Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *